敏感肌のワキ毛処理法は?

敏感肌だけどワキ毛のケアってどうすればいい?

【今ならまだ間に合う!】ミュゼは9月から選べる5か所が500円、全部位半額キャンペーンを開始!
おすすめ
ワキ毛と処理の仕方

 

 

Q:ワキ毛のケアってどうすればいいでしょうか?
敏感肌で今カミソリで剃っていますが、たまに赤くなります。
キレイな脇にしたいのでなにか良いケアの方法やワキ毛の処理方法などありますか?


自己処理でのワキ毛処理は肌トラブルのリスクがとても高くなります。
またカミソリでの処理は常に肌を傷めるため、黒ずみなどの原因にもなってしまうのです。
たまに赤くなる程度であっても、常にカミソリを使用することでかなりの刺激を受けているでしょう。
カミソリを使用する場合はなるべく滑りを良くするため泡立てたせっけんを使うか、
専用ジェルやフォームを使用したほうが良いですね。
ただキレイな脇にしたい場合は自己処理を止めることから始めたほうが良いでしょう。
保湿などのケアも肌には効果的ですが、
カミソリで傷がついている状態ではメラニンの生成も盛んになってしまい黒ずむ場合もあります。
ワキの肌ピーリングや保湿剤などでのケアでなるべく肌の代謝を盛んにし潤った状態を保ちましょう。
またキレイな脇になるためにも自己処理はやめてサロンなどで脱毛してもらうようにすると良いでしょう。

 

自己処理と肌トラブル

ほとんどの方が経験するムダ毛の自己処理ですが、続けることで思わぬ肌トラブルを起こしてしまう事があります。
まずカミソリの場合は肌に傷がつく恐れがあります。
いくら専用のカミソリやフォームを使用していても、切ってしまったりすることもあるので危険な処理方法なのです。
また黒ずみの原因となることもあり、どんどん肌が痛んでしまいます。
毛抜きの場合でも同じく、ケガはしなくても毛穴が広がることもあります。
また無理に抜くと毛穴が傷つき値が出る事もあるのです。
広がった毛穴には雑菌や皮脂がたまりやすく、閉じずに広がった状態のままになってしまうことも。
炎症を起こすリスクもあり埋もれ毛の原因にもなりやすいので意外と危険な処理方法ですね。
そして除毛剤による処理ですが、これもかなり肌への刺激が強いものです。
薬剤で毛を溶かす方法なのですが溶かすほどの強さを持っているので、
やはり肌にも良いものではありません。
また脱毛ではないので生えてくれば処理しなくてはなりません。
処理頻度もカミソリと変わらないこともあるので、肌への負担も大きくなるでしょう。
自己処理についてはキレイな肌を目指す方にとっては良いものではありません。
まずはトラブルとならないように気を付けることも大切ですが、
自己処理よりも脱毛したほうが良いでしょうね。

 

 

 

自己処理で傷んだ脇のケアについて

自己処理での肌トラブルではケアも重要です。
顔の肌ケアと同じように扱っても良いぐらい入念なお手入れが必要ですね。
まずは基本の保湿が重要です。
保湿することで肌が柔らかくなり弾力が出るので傷つきにくくなるでしょう。
また保湿により肌の代謝も進みやすくなるのでメラニンが生成されても少しは沈着を防ぐこともできるでしょう。
カミソリの場合は特に保湿が大切ですね。
毛抜きの場合は毛穴の開きが目立つこともあります。
修練性の化粧水などで毛穴を閉じるように心がけましょう。
またピーリングなどで毛穴汚れや古い角質を取るようにすれば、
肌の生まれ変わりも早くなり黒ずみや黒いブツブツは防げるでしょう。
毎日一緒にケアをしてこそ自己処理でも何とかきれいに肌を保てるので、
時間も手間もかかってしまいます。
脱毛でその負担をなくす方が、リスクもコスパも良いかもしれませんね。