永久脱毛の定義とは?

永久脱毛の定義とは?

【今ならまだ間に合う!】ミュゼは4月から両脇無制限100円、全部位半額キャンペーンを開始!
おすすめ
ワキ毛と処理の仕方

 

 

脱毛やるならもう二度と毛が生えてこない永久脱毛しかないでしょ!

 

と思っている人も永久脱毛何?って人も永久脱毛の全て。と題して知っておくべきことや裏知識を話して行きたいと思います。

 

まず、永久脱毛とは脱毛したら毛が生えてこない脱毛法のことですが、これまでの脱毛歴史の中で脱毛をしてから50年間毛が生えてこなかったと証明された脱毛だけが永久脱毛と呼ぶことができます。

 

 

じゃあ永久脱毛を受けるならどこに行けばいいか?というとTBCです。

 

日本で永久脱毛と呼べる脱毛をしているところは大手ではTBCぐらいしかないようです。もちろん小さなサロンなどではあるかもしれませんが、調べられる範囲内でできるだけリサーチしましたが情報が得られませんでした。

 

なぜ、永久脱毛はそんなにできるところが少ないか?と言うと、
この脱毛方法は、毛穴の1つずつにニードル(針ほど細い電流を流す棒)を差し込んで電流を流すことで脱毛します。

 

なので、かなり細かい作業になることやニードルを差し込む深さも大切ですから、技術力が必要です。
さらに、想像してもらったらわかるように毛穴に細い棒を差し込んで電流を流すので全くなんの痛みもない。というわけにはいかないのです。そこまでやって初めて永久脱毛をすることができます。

 

永久脱毛のメリットは、何年経っても毛が生えてこないことです。

 

じゃあ逆にデメリットは?と言うと、
・やっている場所が少ないこと
・値段が高くなること
・痛みなどの刺激があること
があげられます。

 

最後の永久脱毛の痛みについてですが、人によって痛みの感じ方も刺激への強さも人それぞれなので、全く何も感じない人もいれば我慢するのが無理って人もいます。なので、体験してみないとわからないものです。興味がある方はTBCの永久脱毛を1000円で60本体験することができるので、永久脱毛がどんなものなのか?体験するにはおススメです。

 

ちなみに、TBCで両ワキをこの永久脱毛で処理した場合、両ワキ脱毛完了パッケージというプランだと141,480円です。

 

 

いつもミュゼや脱毛サロンのポスターで両ワキ100円とか見慣れてる人にとってはびっくりする値段ですよね。

 

なんでこんなに料金が違うのか?というと脱毛するサロンが違うからだけでなく、脱毛方法が違うからです。

 

脱毛には、永久脱毛のニードル脱毛ともう1つ光脱毛(レーザー脱毛)というのがあって、他のサロンはこの光脱毛をやっています。

 

 

 

光脱毛は永久脱毛ではないのですが、安い値段で自己処理する手間が省けておまけにカミソリや電気シェーバーと比べて肌をきれいに保ちながら脱毛できるのがメリットで、永久脱毛と比べて比較的リーズナブルなことから脱毛の主流派になっています。

 

 

永久脱毛も気になるけどできるだけ費用は抑えたい。というのが理想ですから、脱毛にかけられる予算とお財布と相談しながらどちらで脱毛するか決めましょう。迷ってしまうと思うので、せっかくなので1000円で永久脱毛も体験してみて光脱毛と比べるのもいいですよ。